北海道犬 カムイ&桃太

カムイママ☆

Author:カムイママ☆
------------------------------------------
*  カ ム イ  *
北海道犬  牡♂  胡麻毛
登録名 / 貴巴・愛知山本荘
お 誕 生 日 / 2012.08.07
うちの子記念日 / 2012.12.09
------------------------------------------
*  桃   太  *
北海道犬  牡♂  胡麻毛
登録名 / 桃太・伊予路荘
お迎え記念日 / 2017.04.16
------------------------------------------

          
Please click here!
------------------------------------------

2012年12月9日(日)
生後4か月+2日の日、
カムイ家の大切なひとり息子になった
カムイ♡
優しくも立派な北海道犬&お利口さんな旅犬☆になることを目指し中♪

2015年10月4日(日)
3歳にして、カムイ 展覧会デビュー☆

2017年4月16日(日)
カムイ家に、北海道犬・桃太が
やって来ました♡

カムイと桃太の成長の記録&
カムイ家の
日記&アルバム代わりとして、
親バカブログを 書き綴っています♪

------------------------------------------
ブログ更新は 不定休 m(_ _)m
------------------------------------------
Copyright ©北海道犬カムイ&桃太
『カムing☆FEST』

KAMUI ♂ Birthday

Since mid february,2014

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ(月初~)

紀伊大島・樫野崎へ☆ 前編。

2016.05.17 09:00|★16.05/05「熊野・和歌山」


潮岬のつづきです♪

前回までの記事 →【★16.05/05「熊野・和歌山」】
記  事  別 →【今年も☆ 熊野 de こいのぼり♪ 前編。】
         【今年も☆ 熊野 de こいのぼり♪ 後編。】
         【カムイ、和歌山県 初着地☆ @橋杭岩・串本。】
         【カムイ、本州最南端へ行く☆ @潮岬・串本。】


本州最南端・潮岬のあとは……

201605大島樫野崎-01

紀伊大島の 樫野崎 - かしのざき - へ☆

カムイ家的に、大島の樫野崎は、
串本へ来たら、潮岬以上に 外せないスポット(*^▽^*)!

201605大島樫野崎-03

のぼりにも あるように、
ここ 樫野崎は、日本とトルコの 絆スポット。

詳細は割愛しますが、
ご興味ある方は【Wikipedia】を ご参考に(*^_^*)!

201605大島樫野崎-02
▲ 散策路の名前も「エルトゥールル通り」!

201605大島樫野崎-04
▲ 超~晴天で 日差しは強かったけど、路面温度は良好◎ 確認済み(*^_^*)v

カムイは、初めての 樫野崎☆
シッポ下げ気味で 緊張しつつの 散策 (^_^;)

201605大島樫野崎-05

ルコ記念館前にて、念撮影☆

※トルコ記念館(串本町観光協会HPより抜粋)
エルトゥールル号の遭難の悲劇を機に犠牲者の慰霊を通じて串本町とトルコ国との交流が始まり、
昭和39年11月ヤカケント町と姉妹縁組みを結び、
平成6年にはメルシン市との姉妹都市提携の正式調印を交わしました。
トルコ記念館は、トルコ国との友好の証として、今後一層、日ト親善の契りを深めると共に、
国際的な友愛の精神を広く伝えることを目的として、建設されたものです。
館内には遭難したエルトゥールル号の模型や遺品、写真などが展示されており、
遭難事故当時の様子を知ることができます。


201605大島樫野崎-06
▲ エルトゥールル通りには、2軒のトルコ民芸品店が☆
どれもこれも 魅力的でしたが、若干 お値段高級で 手が出ず!(笑)

201605大島樫野崎-07

潮風を堪能する、カムちゃん☆
青い空に 青い海! 気持ちいいねぇ♪

201605大島樫野崎-08
▲ しばらく歩いていくと、↑ 慰霊碑が。

この慰霊碑は……

201605大島樫野崎-09

エルトゥールル号が沈没した際に亡くなった、トルコの方々の慰霊碑。
ご遺体は、この丘に埋葬されたのだとか。
芝生エリアには、絶対に カムイを入れないように しました!!

201605大島樫野崎-10

慰霊碑前を 過ぎて、しばし 歩いていくと……

201605大島樫野崎-11

灯台が 見えてきました! (*^▽^*)☆
樫野崎での 最終目的地は、あの 灯台☆

201605大島樫野崎-12
▲ なぜか、逆向いてる カムイ。。。(^_^;)

201605大島樫野崎-13

201605大島樫野崎-14
▲ 日本・トルコのさらなる友好の発展を祈って、
駐日トルコ共和国大使館より 串本町に寄贈されたらしい 騎馬像。

201605大島樫野崎-15

灯台に 近づいていくにつれ、
カムイの 動きが、徐々に 怪しくなり。
ついには……

201605大島樫野崎-16

だー! りたい!!
とな。。。(^_^;)

えっ、えぇーーー(>_<)!
せっかく ここまで来たのに、記念撮影くらいしていこうよ~!!

と いうことで、

201605大島樫野崎-17

念撮影☆ @野埼灯台 in 和歌山串本♪

ぜーんぜん カメラ目線じゃないけど(^_^;)
なんとか、パパ抱っこにて 記念撮影しました!! ( ̄▽ ̄)v

と、そんなこんなで 記念撮影しているところへ、
立派なデジイチを 首からぶら下げ、とっても にこやかな お顔をされた、
一人の 紳士が、
撮りましょうか~! 撮りますよ~!
と、お声を 掛けてくださいました (*^▽^*)!

お断りする理由など 一切なく、

201605大島樫野崎-18

族写真☆ @野埼灯台 in 和歌山串本♪

カムイも、バッチリのカメラ目線!!

素敵な家族写真を撮ってくださった おじさまに、感謝!感謝(*^▽^*)☆
本当に ありがとうございました♪♪

201605大島樫野崎-20
▲ 樫野埼灯台は、日本最初の石造灯台。

ところで。
地名は「樫野崎」。 灯台は「樫野埼灯台」。

ちなみに、
樫野崎は「かしのざき」と 読み、
樫野埼灯台は「かしのさきとうだい」と 読む。

崎と埼。 漢字の違いを ご存知でしたか?!

○○崎に 灯台が くっつくと、崎の字が「埼」に なる。

私的には、独身時代に 仕事関係で知った、新事実でした!
以上、覚えておいて損はしない 豆知識 (*^_^*)☆

201605大島樫野崎-19

樫野埼灯台☆

これ以上 先に進むのは、カムイ的に ムリそうだったので、
違う場所から 灯台のある風景を 満喫しました♪


樫野崎編、次回 後半編につづく☆


スポンサーサイト

コメント

いいなぁー

絶好の岬巡り日和ですね
また、串本へ行きたくなりました。
大阪回りでも、すさみまで高速道路がとおったので、
早く行けるようになったと、先日串本へ行ってきた妹が申してました
夏は串本の方が5度くらい涼しんですよね
カムイ君は灯台が怖かったんかなぁ?
普段見慣れないものに警戒する様子は、
北海道犬らしいですね
このあとの記事も楽しみです

No title

この樫野埼灯台、どこかで見たことあるな~と思って調べてみたら、
能登半島最北端の禄剛崎灯台でした。
珍しい白亜の石造灯台だったので覚えていました。

しかも設計者が同じ☆ピンポーン♪
もしかしたらこの英国人設計者が当時作った8灯台のうちの
2つだったかもしれませんね。
これは明治の建物ですよね。
白いものを白いまま保つのは難しいと思うのですが、
すごくきれい。清掃が行き届いていますね。

日本とトルコの友好の場所が本州最南端(の近く)にあったなんて
ちょっと感動です。

でもカムイ君は灯台よりも・・・だったのですね"(-""-)"

行ってみたいな~、樫野崎~♪

 覚えた!豆知識。( ̄ー ̄)ムフッ

 エルトゥールル号遭難事故の話は知ってましたが、
紀伊大島へは行ったことありません。
こんなに美しい海が、時には牙をむき、悲惨な事故を
起こしたなんて、なんだか信じられない。
 でも、立派な慰霊碑と、トルコ・日本の両国旗が
陰鬱な気持ちを和らげてくれます。

 樫野埼灯台!(←合ってますよね?)
灯台って好きだなぁ。・:・*・( ̄▽ ̄)・*・:・
灯台は偉い!炎天下でも台風でも、海の安全を守ってくれて
いるのだから・・・。
 それにしても、光の強さの単位が、『カンデラ』って
いうんだ。も一つ、覚えた!( ̄ー ̄)ムフッ

 カムちゃん、灯台を見て、警報発令!?
う~ん、日本犬っぽいぜ。v(^-°)-☆
 ノエルは、どこへ連れて行っても、匂い嗅ぎばかりですよ。
まさか、地面しか見てないんじゃ・・・。( ̄▽ ̄;)

 カムイママ☆様ったらパパ様☆に、ぴとっと寄り添っちゃって。(¬m¬)ウフ
ノエルパパなんて、私が近づくと、後退りですよ。(-"-;)

*** 椿ちゃんのおかあ様 ***

コメントありがとうございます♪

この日は 日差しは強かったものの、風もあって気温もさほど高くなく、
この時期にしては 最高のお出掛け日和でした☆
三重県側からも、無料の新しい道路が開通していて 以前より時短で行けるようになってましたけど、
大阪回りでも 高速がすさみまで通って 便利になったのですね◎
紀伊半島が ぐるり!と周りやすくなった感じですねぇ(*^▽^*)☆
妹さんも串本へ行かれたのですね♪ 豆くんもご一緒だったのでしょうか♪♪

そう言えば、去年のGWに 我が家が熊野へこいのぼりを見に行った際、
椿ちゃんファミリーは串本からの帰りに 熊野でこいのぼりを見られたとお聞きした覚えがあり、
この日も、もしかしたら どこかで偶然 お会いできちゃったりしないかなぁ?!な~んて、
主人と 淡い期待を抱いておりました(*^_^*)☆
今年のGWは 串本へ行かれなかったのですね~。

カムイは、見慣れない風景に少々ビビってたようでした(^_^;)
灯台を見たのは潮岬と樫野崎が初めてだったので、きっと怖かったのでしょうね(笑)

椿ちゃん、少しずつでも回復してきてるようで、ホッ☆としています(*^_^*)!
早くお薬を飲まなくても大丈夫!というところまで回復されるといいですね◎
ステロイドは、確かに副作用が怖いお薬ではありますが、
即効性を感じる、ある意味では良いお薬だと思います。
服薬時は空腹感が…… ちょっとかわいそうですが。。。頑張れ!椿ちゃん!!

*** yumin様 ***

コメントありがとうございます♪

樫野埼灯台、能登半島最北端の灯台と よく似てるのですね~!
どうせなら、最北端と最南端がお揃いの方が良かったですのにね!(笑)
おおー!設計者が同じ人でしたか~!
写真を見ただけで ピーン!と来ちゃうなんて、yuminさん スゴイ!!
これはもう、旅先で見たモノを きちんとご自分のモノにされてる証拠ですね☆
我が家もいつか、能登半島最北端の灯台を見に行ってみたいです♪♪

樫野埼灯台は明治2年に着工・明治3年に初点灯された灯台のようですね!
明治時代に造られて、今現在も現役の灯台!と考えるとスゴイですね~!
白さを保ってるのも素晴らしいですよね◎
この日は青い空に真っ白な灯台のある風景が、とってもキレイでした(*^_^*)♪

日本とトルコの友好関係は、ここから始まったようですね。
言葉も文化も違う遠い異国同士で助け合える関係って、素敵ですよね☆

そう!(笑)カムイは灯台とこの辺りの雰囲気が ちょっと怖かったようでした(^_^;)
基本へたれな カムイです。。。(苦笑;)

*** ノエルママ様 ***

コメントありがとうございます♪

豆知識☆ 覚えてくださいましたか♪♪
なんだか雑学感も否めませんが、覚えておいて きっと損はしないと思います(*^_^*)v

エルトゥールル号のお話をご存知だったのですね!ママさんスゴイー!
私は数年前に、ここ樫野崎を訪れた時に初めて、主人から遭難事故のことを聞きました(^_^;)
その後 TVでエルトゥールル号のことが取り上げられていて、
「あっ、あの時の主人から聞いた話はホントだったんだ~!」と(笑)
樫野崎付近の海は、昔から難所と言われてる場所なんだそうですね。
この日も、岬の穏やかな雰囲気とは違い、海は波が荒くて、
航行してる船舶は、白くて大きな波しぶきを上げていました。

慰霊碑、とても立派でした!
カムイが一緒だったので近くまでは行きませんでしたが、心の中でご冥福をお祈りしました。
日本とトルコの国旗は、なんだか仲良く風に吹かれてる感じがしましたよ☆

樫野埼灯台、明治時代に造られた灯台なのだそうですが、
今現在も現役で活躍してるって、スゴイですよね~☆
きっと歴代の灯台守さんも 素敵な方々だったに違いないですね!
「ガンデラ」光の強さの単位なのですね~!
ママさん、目の付け所が鋭くていらっしゃる!!(´艸`*)

カムイは、灯台とこの辺りの雰囲気が怖かったみたいでした(^_^;)
ちょっぴり神経質で怖がりなところは、
飼い主的には、時に困ったちゃんだなぁ…と感じる次第です。(苦笑;)
ノエルちゃんはにおいに夢中になるタイプなんですね!そのくらいの方が良いカモですよ(*^_^*)!

家族写真、きちんと写真に収まるかしら?と思って パパ側に寄った結果、
寄り添ってる風になっちゃいました(^_^;)
ノエルパパ様は後ずさりですか?!
いやいや~!!きっと恥ずかしいだけでしょう!!← きっぱり!!(*^▽^*)☆
(※メールアドレスは公開されません)
非公開コメント