北海道犬 カムイ&桃太

カムイママ☆

Author:カムイママ☆
------------------------------------------
*  カ ム イ  *
北海道犬  牡♂  胡麻毛
登録名 / 貴巴・愛知山本荘
お 誕 生 日 / 2012.08.07
うちの子記念日 / 2012.12.09
------------------------------------------
*  桃   太  *
北海道犬  牡♂  胡麻毛
登録名 / 桃太・伊予路荘
お 誕 生 日 / 2017.03.03
うちの子記念日 / 2017.04.16
------------------------------------------

          
Please click here!
------------------------------------------

2012年12月9日(日)
生後4か月+2日の日、
カムイ家の大切なひとり息子になった
カムイ♡
優しくも立派な北海道犬&お利口さんな旅犬☆になることを目指し中♪

2015年10月4日(日)
3歳にして、カムイ 展覧会デビュー☆

2017年4月16日(日)
カムイ家に、北海道犬・桃太が
やって来ました♡

2017年10月15日(日)
幼犬組にて、桃太 展覧会デビュー☆

カムイと桃太の成長の記録&
カムイ家の
日記&アルバム代わりとして、
親バカブログを 書き綴っています♪

------------------------------------------
ブログ更新は 不定期 m(_ _)m
------------------------------------------
Copyright ©北海道犬カムイ&桃太
『カムing☆FEST』
~ Since 2014.02 ~



KAMUI ♂ Birthday

MOMOTA ♂ Birthday

Since mid february,2014

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

コメント

しばらくの間 お休みします m(_ _)m 拍手コメ欄は OPENちう♪

検索フォーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ(月初~)

ケネル 第42回全犬種三重支部単独展覧会 02

2018.04.20 10:40|★18.02/25 NKC三重単独展


2018.2/25(日)

NKC 日本ケネルクラブ
第42回 全犬種 三重支部単独展覧会

の、つづきです♪

前回の記事 →【01 カムイ&桃太 個体審査】

20180225三重単独展02-01

出陳犬全頭の、個体審査 終了後は、
開会式が 始まりました!

20180225三重単独展02-02
▲ 審査員・永野先生 ご挨拶
この日の審査員は、永野先生 おひとりでした。

20180225三重単独展02-03
▲ 来賓の方の ご挨拶
前ケネル三重支部会長さんの秘書さん。現・市議会議員さん。

20180225三重単独展02-04
▲ ケネル三重支部・元支部長さん ご挨拶

ケネル@三重での 展覧会の際には、
いつも 見学にいらしている、元支部長さん。

この日は、本部席にて、
展覧会の 司会進行を して下さっておりました✨

時々、放送席の近くで 見学していた 私は、
審査中のワンコを 見ながらの、
元支部長さんの 何気ないお話が、
大変 お勉強になりました m(_ _)m✨

開会式の ご挨拶では、
大変 貴重なお話を 聞かせて頂けました。

本当に 深いいお話だったので、動画を撮ろうとしたのだけれど、
まさかの! SDカードの メモリー不足で、エラーが💦
車まで 走って、おNEWのSDを取って来て 戻った時には、
お話 終盤になってしまい… 動画を撮るのを 諦めました(+_+)💦

20180225三重単独展02-39
▲ 岐阜支部の方に見せて頂いた、ケネルの 昔の出陳目録
(画像右手前・元支部長さんのご愛犬が表紙に)
長く、北海道犬をやっていらっしゃる方々は、元支部長さんを ご存じない方は いないかと思います。

三重県と、北海道。

縁があると言えば、北海道の名付け親・松浦武四郎
くらいしか 思い浮かばない、この 我らが 三重県で、
随分 古くから、
北海道犬の展覧会が、わりと盛んに 行われてきたことを、
個人的に、少々 不思議に思う 部分が あったのですが。

詳細は割愛しますが、
元支部長さんが、超~キーパーソン で いらっしゃる!
と いうことを、
我が家のお師匠さんから お聞きしました。

すべてが 繋がり、めちゃんこ スッキリ✨
した、カムイ家です(*^_^*)!

今年の 単独展では、そんな凄い方が、司会進行を 務められ、
時々 放送で、元支部長さんの 解説等も お聞きできたり しました☆

昨年の親睦展(=単独展)では、
審査員の 永野先生から、その場で 講評が頂けたし、
2年連続で、ハンドリング講習も やって頂いちゃったし、
親睦展・単独展は、チャンピオン展とは ひと味もふた味も 違っていて、
各犬に 評価は付かない 展覧会だけれど、
違う面でも楽しめる・学べる 展覧会で、とても魅力的な展覧会だなぁ✨
と 思う、カムイ家です(*^_^*)☆

20180225三重単独展02-05
▲ 仔犬ちゃんたち♡ 一頭、柴犬の子が います(´艸`*)

20180225三重単独展02-06
▲ 昼食準備風景☆

さてさて。開会式終了後は、
比較審査が 始まりました!

20180225三重単独展02-07

仔犬牝組 比較審査
前の子のハンドラーは、パパ!

20180225三重単独展02-08
▲ 仔犬牝組 比較審査  カワイイ✨ 比較審査でした♡

20180225三重単独展02-09

仔犬牡組 比較審査
3頭のご出陳☆

20180225三重単独展02-11
▲ 仔犬牡組 比較審査  立派な ご愛犬たち✨

20180225三重単独展02-10
▲ 仔犬牡組 比較審査  男の子たちも、カワイイ✨ 比較審査でした♡

20180225三重単独展02-12

仔犬組のあとは、
シニア牝組 比較審査(すずちゃん/豪媛・高知村上)

20180225三重単独展02-13

そして、
シニア牡組 比較審査(とびちゃん/勇翔・伊予路荘)

と、審査が続き、

20180225三重単独展02-14
▲ うちの子☆ 桃太・伊予路荘

そして、つつつつ、遂に!
緊張の時が、やって来たぁ! (笑💦)

この日・2018.2/25 現在、生後11か月だった、桃太。
この単独展から、若犬牡組 に 上がりました。

20180225三重単独展02-15

パパと 相談の結果、ハンドラーは、私! が 務めることにぃー💦
私、人生回目の、桃太のハンドラー💦

私自身、この時までの リンク経験は、
ムサシくん・マイちゃん・桃太… と、わずか回しか あらず(/ω\)
凹んでる時期だったし… 本当に 大丈夫かぁ?💦 な状態で、
この、桃太の 大切な展覧会のハンドラーを、務めました。

できれば、パパが やって欲しかったー! ← 心の声(笑)

20180225三重単独展02-17

若犬牡組 比較審査

ゼッケン13  一秀・札幌牧
ゼッケン14  桃太・伊予路荘

桃太、今回は 初めて、
クラスの比較審査で、ひとり旅では ありませんでした。

ゼッケン13のご愛犬は、
昨年の三重CH展の 特良全犬優勝争いで、桃太が負けた ご愛犬。
ハンドラーさんは、めちゃんこ ベテランさんな方💦

いろいろと 思うことは あったけれど、
何も考えず、とにかく 桃太だけに 集中することに しました。

20180225三重単独展02-16
▲ 若犬牡組 比較審査  ゼッケン14 桃太・伊予路荘

いよいよ 比較審査が始まり、
リンク 1周目で、桃太を、思うように コントロールできず、、、
気持ちばかりが 焦ってしまって💦

無意識のうちに、チュンチュン! しまくっていたら、
永野先生から、ご指摘(注意)を 受けてしまいました(/ω\)

ヤッちまったなり~💦 と 我に返り、
そこからは、意識して チュンチュンせず (^_^;)

20180225三重単独展02-18
▲ 若犬牡組 比較審査  ゼッケン14 桃太・伊予路荘

成るようにしか 成らん! と 思いながら、
リンクを 歩いたり 走ったり している うちに、
桃太も 落ち着いてきたのか、私の気持ちが 伝わったのか、
いつも通りの 桃太に なってきて◎

20180225三重単独展02-19
▲ 若犬牡組 比較審査

14番、前へ!
という、永野先生の お声が聞こえ、

リンクの 外側から、前へ!(爆)

20180225三重単独展02-20
▲ 若犬牡組 比較審査  ゼッケン14 桃太・伊予路荘

はい!
リンクの内側から 追い越すこと は、
一応 私でも、ちゃんと 知ってるんですけどね。。。(笑💦)

どうして 外側から 行ってしまったのかは、
まったくもって、覚えていません(≧▽≦)!

20180225三重単独展02-21
▲ 若犬牡組 比較審査  ゼッケン14 桃太・伊予路荘

あまり 色々書くと、
半年後・一年後に、この記事を 読み返した時、
うわぁ~…こんなコト 書いてあるー💦 痛いねぇ~、私ぃ~💦
と、とぉーっても 恥ずかしくなるので、
ここからは、あまり 書かずに いきます(笑)

20180225三重単独展02-22
▲ 若犬牡組 比較審査  ゼッケン14 桃太・伊予路荘

20180225三重単独展02-23
▲ 若犬牡組 比較審査  ゼッケン14 桃太・伊予路荘

20180225三重単独展02-24
▲ 若犬牡組 比較審査  ゼッケン14 桃太・伊予路荘

20180225三重単独展02-25
▲ 若犬牡組 比較審査  ゼッケン14 桃太・伊予路荘

20180225三重単独展02-26
▲ 若犬牡組 比較審査  ゼッケン14 桃太・伊予路荘

パパ! 写真 ブレてるよぉー💦
しかも、フレームアウト してるし

20180225三重単独展02-27
▲ 若犬牡組 比較審査  ゼッケン14 桃太・伊予路荘
吊りスギたなぁ……… (笑💦)

なんのこっちゃー わかっていない… 桃太と 闘いながら、
無我夢中で、並足・速歩で 走り、、、

20180225三重単独展02-29
▲ 若犬牡組 比較審査  ゼッケン14 桃太・伊予路荘

ここで、決定しましたっ!
と、永野先生の お声が☆

20180225三重単独展02-30

若犬牡組

一席  ゼッケン14  桃太・伊予路荘
二席  ゼッケン13  一秀・札幌牧

桃太、一席 獲れました✨

それで、気になる『剣郎賞候補』は?!

20180225三重単独展02-28

上の 壮犬クラスには、牡犬の出陳犬 おらず。
今年は、牝の 富優賞候補が いないとのことで、
2頭とも、剣郎賞候補に なりました!

ということで、今年の 剣郎賞候補は、
ゼッケン14  桃太・伊予路荘
ゼッケン13  一秀・札幌牧  の、2頭。

20180225三重単独展02-31

桃太☆
ひとまず 候補に選ばれて、良かったねぇ~✨


しかし 私的には、この時、
まだまだ わからんなっ! としか、思っていませんでした。

完全に、三重CH展の時の、心の 後遺症(笑💦)
しかし、この 心の後遺症は、
この先も ずぅーっと 後遺症のまんまの方が、良いのだろう!
とも 思います。

20180225三重単独展02-32

壮犬牝組 比較審査
3頭の ご出陳。

20180225三重単独展02-33
▲ 壮犬牝組 比較審査  ゼッケン15と16のご愛犬は、同胎姉妹犬☆

20180225三重単独展02-34
▲ 壮犬牝組 比較審査  このあと、決定しました!

つづいて、壮犬牡組 出陳犬あらず、

20180225三重単独展02-35

成犬牝組 比較審査
5頭の ご出陳。

20180225三重単独展02-36
▲ 成犬牝組 比較審査  先頭/ノンノ・信濃犬舎

20180225三重単独展02-37
▲ 成犬牝組 比較審査

ゼッケン20のご愛犬は、カムイのおばさん☆ 紅益虎・三重築林荘
写楽じぃじの 娘ちゃんです♡

このあと、決定しました!


※桃太・カムイのクラス以外の 成績は、
 ケネルのホームページを ご覧くださいまし☆

【日本ケネルクラブ 公式/三重単独展成績】
桃ちゃん、写真 載せて頂いております(´艸`*)♡

20180225三重単独展02-38

さてさて、
成犬牝組の お次は、成犬牡組の比較審査!
ということで、カムイ 出陳準備☆


つづきは、また 次回♪




スポンサーサイト

ケネル 第42回全犬種三重支部単独展覧会 01

2018.04.19 09:48|★18.02/25 NKC三重単独展


2018.2/25(日)

20180225三重単独展01-01

三重県いなべ市で 行われた、
NKC 日本ケネルクラブ
第42回 全犬種 三重支部単独展覧会

へ、行ってきました♪

20180225三重単独展01-02

もうすぐ、か月も 経とうと していますけど(笑💦)
カムイ家にとっては、息子たちの 大切な成長の記録 ですので、
きちんと、ブログにも 書き残しておこうと 思います(*^_^*)☆

20180225三重単独展01-03

さて、今回の 単独展では、
桃太に、めっちゃんこ 頑張ってもらわにゃ~!
なりませんでした!!

それは、
獲れるモノなら、できれば!

20180225三重単独展01-04

コレを、獲りたかったからぁー!!

画像のカップは、
剣狼賞と 富優賞の カップ✨

牡は 剣狼賞、牝は 富優賞 に なるのですけど、
将来「優」の評価が獲れるであろう子 が、貰える賞です。

その受賞対象は、月齢24か月未満の 壮犬クラスの子まで。
(要するに、2歳未満=1歳11か月までが対象 ということ)

桃太は、3/3生まれ なので、来年の単独展が、
もしも 3/3以降に 開催されることに なったとすれば、
剣狼賞が獲れる チャンスは、今年だけ!

2年前には、
桃太の父犬・ムサシくんも、この 剣狼賞を 獲ったことだし、
桃太は どうなのか? という 意味合いも含めて、
獲れるモノなら、若犬クラスのうちに 獲っておきたかったのです。

とは 言っても、
獲りたくても、誰でも獲れる賞ではナイ! ので、
そこが、難しいところ でした(^_^;)

201705桃太お散歩デビュー05

桃太は、お散歩デビューした ↑ この日から、
展覧会の 第二関門 として 位置づけて、
この剣狼賞を 目指してきました。

カムイは、展覧会デビューした時、
すでに3歳で 成犬組だったので、
初めて 親睦展に出陳した時には、すでに 年齢的に対象外でした。

ということで、カムイ家としては、
桃太と一緒に、剣狼賞 初チャレンジ!

我が家のお師匠様・Hさんからは「剣狼賞、出るよ! 出るさぁ~!」
と 言って頂いていましたが、
昨年11月の三重CH展で、私的には まさかの展開… に 陥ったので、
正直、この頃、かなり 自信喪失していた… 私。。。

桃太にとって、はじめての 三重単独展は、
実に複雑な思いで 桃太を出した、展覧会でした。

20180225三重単独展01-05

さて。 時は 2月下旬。
もう、けっこう前のことに なってしまったので、
ここからは、サクッ!と系記事で、書いていきたいと 思います(*^_^*)!

ケネルの展覧会は、まずは 個体審査から!

20180225三重単独展01-06

個体審査は、今回も、
まずは、カムイから 出すことに☆

ずっと バリ詰めだった、カムイの ガス抜きをして、
タイミングを見て、順番待ちの列に 並び、

20180225三重単独展01-07

カムイの番が、やってきた!
ゼッケン29 貴巴・愛知山本荘(成犬牡組)

審査員の先生は、永野先生。

20180225三重単独展01-08

カムイ か月。

2015年10月、か月の時に 展覧会デビューして以来、
今回、犬生15回目の 展覧会出陳。(北海道犬協会 出陳含む。)

20180225三重単独展01-09
▲ カムイ 個体審査

桃太に、剣狼賞を 獲らせたい とは 思っていたけれど、
カムイ家としては、
カムイの将来を 諦めたワケでは ないので、
カムイにも、頑張ってもらわにゃ~ なりません!

とか 思ってるのは、欲張りなのかなぁ?!(笑💦)

でも、目標が ある方が☆
やりがいが ありますので(*^_^*)!

20180225三重単独展01-10
▲ カムイ 個体審査

最近の パパは、
桃太のことを、ある程度 私に任せて、
むしろ、カムイに チカラを 入れてる☆
と言っても、過言では ないカモ。

20180225三重単独展01-11
▲ カムイ 個体審査

パパ&カムイ
~ 目標に向かって、頑張れぇ☆ ~

20180225三重単独展01-12
▲ カムイ 個体審査  先生、メモメモ中。

何が書かれているのか?
あのノート、一度 見てみたいですよね(≧▽≦)!

比較審査の時、先生から 本部席へ送り込まれる 紙は、
放送係の方に、何度か 見せて頂いたことが あります!
アレは、普通に 成績が書かれているダケ でした(笑)

20180225三重単独展01-13

これだけしか、写真を撮っていませんでしたが (^_^;)
カムイも、終始 落ち着いていて、
ササッと! 個体審査 終了☆

20180225三重単独展01-14

ほどなくして、お次、桃太!
落ち着いてるね◎

20180225三重単独展01-15

桃! 頑張れよぉー!!

今日は、チミの一生のうちで、
二番目か 三番目くらいに?!
めっちゃ 大事な、展覧会やぞぉー!(笑)

20180225三重単独展01-16
▲ 個体審査を 待っている間に、三重支部のAさんと♪

20180225三重単独展01-17
▲ 桃太、ノンノちゃんとワグマちゃんのかほり♡ を 楽しんでる?!
まだ おチビとは言え、桃太も 一応、男の子ですからねぇ(笑)

20180225三重単独展01-18
▲ おいおい! 桃太💦 (^_^;)

20180225三重単独展01-19
▲ 若干、背毛 - せなげ - 立てて 警戒してたけど、吠えず、騒がず◎

桃太の、良き社会勉強に なりました☆
Aさん、ありがとうございました m(_ _)m♪

20180225三重単独展01-20

気が付けば、
桃太の 番が! @個体審査

ゼッケン14 桃太・伊予路荘(若犬牡組)

コールネームと 登録名が 同じなのは、
ちょっぴり、カムイ家の憧れ✨ でも ありました(´艸`*)
それも あり、桃太には 別のコールネームを付けず、
血統書の登録名を、コールネームに しました♪
↑ どうでも いい話(笑) ふと思ったので、書いてみました(≧▽≦)!

↓ 名前について、ついでの お話(笑)
最近、お師匠さんから 教わったのだけれど。

ケネル(天然記念物北海道犬登録協会) は、
血統書の登録名の付け方が、決まってる!

のだ そうです。

例えば、桃太の場合、頭文字が「桃」。
桃太の 同胎犬は「桃太郎」という 登録名で、
亡くなってしまった 桃太の同胎の女の子は、
繁殖者さん曰く、
まんま「桃」という名前で 登録される予定でした。
つまり、桃太の同胎犬は 皆、頭文字が 同じ「桃」。

同胎犬は 皆、
同じ頭文字を 使うことが、ケネルでの決まり!

なのだそうです。

さらにさらに、
同じ犬舎号で、同じ頭文字が 使えるのは、
10年経過後 以降!

なのだそう。

つまり、例えば ですけど、
桃太の生まれた 犬舎さん・伊予路荘さんでは、
向こう10年間は、頭文字に「桃」が入る名前の子は、
登録されない・登録できない ということ なのだそうで。

ケネルの 出陳目録を見て、
同じ犬舎号で 同じ頭文字が あったなら、
それは まず、同胎犬とみて 間違いない ようです。
ただし、単独登録犬は 除きますけどね。

北海道犬の展覧会 と言えば、
ケネルなしには語れなかった時代の名残りで、
今現在、他団体で 仔犬を登録される繁殖者さんの中にも、
この ケネルルールで、仔犬の登録名を付けられる 繁殖者さんも、
いらっしゃる のだとか。

いずれにしても、わかりやすくて 良いシステムかと☆
個人的には 思いました。
ただ、名付ける時には、かなり 悩みそうですけどね~!
まぁ、うちは 男子だけなので、今は 縁のないことですけど(笑)

以上、お師匠さんから教わった 豆知識でした(*^_^*)☆


さてさて、忘れかけていましたが (笑)
桃太の 個体審査!!

20180225三重単独展01-22

桃太 生後11か月。

昨年・2017年10月、生後か月の時に 展覧会デビューして以来、
今回、犬生回目の 展覧会出陳。(桃太は ケネル1本。今のところ。)

20180225三重単独展01-21

個体審査中、桃太が 私を見つけてしまい…
パパのコマンドに 集中できなくなって しまつた💦 ので、
私は、とっとと、この場から 離れることにしました (/ω\)

20180225三重単独展01-23
▲ 隠れての、見学 (^_^;)

私が、リンクの外回りを ぐるりする間、
桃太は、ずっと 私を見ておりました(+_+)!

車のカゲに 隠れたら、
諦めて、多少 落ち着いたかな?!

マザコン男に なるような 育て方は、
しなかったハズ! なんだけど… なぁ~… (/ω\)

20180225三重単独展01-24
▲ どうやら、歯牙検査中らしい。

桃太、
もっと、歯牙検査の練習を しなくてはなぁ…。。。

20180225三重単独展01-25
▲ パパ、首輪 上げてる?

そうじゃなくてね、桃太の場合は… とか 言いたくなるのなら、
この単独展でも、
私が、桃太の個体審査のハンドラーを すればよかったのカモ…
と 思っても、今さらサラサラ!(笑)

20180225三重単独展01-26

Σ( ̄ロ ̄lll) !!

パパ、もっと ちゃんと 歩かせれーーー!!
と 思ったことは、言うまでも ありません(笑💦)

出だし ↑悪かったので、あとは カメラを構えず、
固唾を飲みながら、生で、この目で見て、桃太を 見守りました。

20180225三重単独展01-27

出だし悪かった 個体審査の歩様チェックでも、
何とか 中盤には、いつもの桃太らしく 歩かせられ◎

カムイの時 同様、
桃太も、あっと言う間に 個体審査が 終了!

ふぅ~… (^_^;)

20180225三重単独展01-28
▲ 睦月・三重築林荘(選抜犬牡組) 個体審査
いつもながらに 超~カッコいい✨(カムイ家、睦月くんのファンです♡)

20180225三重単独展01-29
▲ ノンノ・信濃犬舎(成犬牝組) 個体審査

20180225三重単独展01-30
▲ ノンノ・信濃犬舎(成犬牝組) 個体審査

20180225三重単独展01-31
▲ ワグマ・尾張小牧アカツカ(選抜犬牝組) 個体審査

20180225三重単独展01-32
▲ ワグちゃん、換毛中…。 モッタイナイなぁ💦

20180225三重単独展01-33
▲ ワグマ・尾張小牧アカツカ(選抜犬牝組) 個体審査

20180225三重単独展01-34
▲ 我が家のお隣さん☆ こてつくん(フレンチブルドッグ成犬牡組) 個体審査
てっちゃんは、この単独展が 犬生2回目の展覧会ご出陳でした☆



サクッと系記事にするつもりが、そうでも なかったけれど(笑)
つづきは、また次回♪




桃太☆ はじめての『うちの子記念日』&『多頭飼い記念日』

2018.04.17 13:10|●誕生日☆記念日


昨日・2018年4月16日(月)は、
桃太、
はじめての『うちの子記念日☆』
でした♪

何気に 思い出したことを、六部構成で?!
節目の記録として、書き残しておこうと 思います(*^_^*)☆
ずばり、長文です(^_^;)

ちなみに、すべては、我が家的主観での内容だということを、
お含みおき頂ければ 幸いです。

20180416うちの子記念日-01
▲ Photo by プロカメラマン・Dさん✨ 素敵な写真を ありがとうございました♪

最近撮った写真は、既に、ブログへ UP済みなので、
↑今年・2018.3/18@ケネル岐阜CH展の時の 写真(笑💦)


桃太の、本当の意味での『うちの子記念日』は、
厳密に言えば、1か月後(5/16) なのカモ しれないのですけど、
血統書の譲渡日も 4/16に なっていることだし、
と いうことで、
我が家へやって来た日を、桃太の『うちの子記念日』
とすることに 決めました☆


お誕生日も、もちろん! おめでたい☆ けれど。
うちの子記念日は、
飼い主にとっては、もっと おめでたい✨


そんな気がします(´艸`*)

カムイの時も そうだったけど、
そんな気がするのは、
やっぱり 最初の一年って、それだけ 超~大変!
と いうことの、裏返し なのだろうなぁ。

ご多分に漏れず、
桃太も、この一年間は、本当に! 大変でした!!
特に、迎えてからの 半年間は、
私にとっては、超~地獄だったなりー!(≧▽≦)!

と、今 笑って話せるように なったことを、
大変 嬉しく思います(*^_^*)♡


20180416うちの子記念日-02

一年前の昨日、
桃太を 我が家へ 迎えたことで、
カムイ家、はじめての 多頭飼い生活が✨
スタートしました!

ずぅーっと、密かに 憧れだった、夢の 多頭飼い☆

だけど。
良い意味でも、悪い意味でも、
思っていたのとは、ちょっと 違っていました。

思っていたよりも、めっちゃ 楽しくて♪
そして。
思っていたよりも、戸惑うことが 多かった!(笑)

当初は、牡×牝 で 多頭飼いする つもり だったのが、
実際は、牡×牡 の 多頭飼いに なったから!
ということも、
少なからず、戸惑うことが 多かった理由の1つ
カモ しれませんけど。

牡×牡での 多頭飼いを 始めてから、
北海道犬 牡2頭を、
生で、手元で、より一層 勉強できることとなり、
逆に、牡2頭で 良かったのカモ☆
と 感じるまでに、そう 時間は かかりませんでした◎


多頭飼い生活も、2年目へ 突入✨

この先も、どんなことに直面しても、
パパと、そして カムイ&桃太と、
みんなで チカラを合わせて、乗り越えていければ いいなぁ☆


201704ぼく桃太01
▲ 一年前(2017.4/16) の 桃太♡

カワイイでしょ?!
可愛く 見える でしょ?! (笑)

これが、まぁ、
それは それは、
とんでもない 怪獣でした!(爆)

私にとっては、
デカくなった、今の 桃太の方が、
百万倍、可愛い!(≧▽≦)!


今の、1歳を過ぎた 桃太に、言いたいことは。
迎えた その日から、相変わらず ウルサイ!
もうちょっと、ワガママいうのを 控えて欲しい!!

まぁ、当初のことを 思えば、
かなり、ウンとか、静かになってきた けれど◎

私達の感覚が、ズレてるのか?
私達が、桃太に 求め過ぎているのか?


それとも、
カムイが、特殊なのか?
桃 太が、特殊なのか?


そこんところは、正直 よく わからない… のだけれど。

パパと私が、初めて育てた 北海道犬が、カムイ。
その カムイが、ホント! 静かな子なので、
そりゃ、異常があれば 吠えるし、たまに『ピー…』とかも 言いますけど ね。
アオ~ン! アオ~ン!と 遠吠えしたり、
時に、ピィーピィー・ゴチャゴチャ と 鳴きながら、
ジタバタ・ドタバタ している 桃太が、
ウルサク 感じてしまう。。。

鳴くのには、理由があることは わかっているけれど、
その理由を 真剣に 考えた時、
桃太の、単なるワガママでしかない場合が、ほとんどで…。

最も 多いのが、早くぅ~!
あとは、寂しいから 来て~! 遊んでぇ~! オイラもぉ~!
そんな ところでしょうか…。

完全に、外向け ではなくて、
飼い主に 向けての、要求鳴き💦

これを『はいはい!ホイホイ!』と いちいち 対応してしまっては、
完全に、桃太のペース・桃太の思う壺に ハマっていくので、
当初から、生理的現象による訴え以外は、
No! ウルサイ! 違う! と 一喝してスルーしたり、
時には 完全スルーしたり、神の目ならぬ 神の声を 使ってみたり、
いろいろ やってきたけれど、
今 まだ、完全には、要求鳴きは 直っておらず…💦

カムイが、壁の薄い 民宿にも お泊りできる子なら、
今の桃太は、それが 無理な子。
早く言えば、そんな感じです…。

桃太とは、カムイとよりも 距離をおき、
カムイよりも、かなり 甘やかしていない のだけどなぁ…。
もしかして… それが、逆効果???
どこかで、育て方を 間違えて しまった???

ここ、いつか クリアできるかなぁ?
いずれにしても、クリアさせねば… なぁ。。。


201704ぼく桃太02

カムイは、1歳のお誕生日を 迎えた頃も、
パパに 抱っこしてもらってる 写真が、残ってるのだけれど、
今現在 1歳1か月を過ぎた 桃太は、
抱っこ できません!(笑)

それは ずはり、単純に、
重いからぁ~!(≧▽≦)!

今だから、カミングアウト できるけど(笑)、
生後4~5か月(昨年の夏頃)には、ちょっぴり 給餌量を間違えてて、
見た目も ホッソリ させて しまったのだけれど(^_^;)
やべぇー💦 と思ってから 挽回させるまでに、そう 時間はかからず(笑)

生後か月の間に、体重は20kg を 超え、
生後か月の日を 迎えた頃には、すでに!
22.2kg という、当時の 過去最高の体重をマーク!!

私が、桃太を 抱っこできたのは、
せいぜい、生後半年の頃まで くらいだったなぁ…。

迎えた当初から、何となく そうなるような 気がしていたので、
画像の頃のサイズの桃太を、
とにかく 抱っこしまくって おきました!(笑)

だけど、もう少し 長い間、
桃ちゃんを、抱っこ したかった なぁ~(笑💦)


201704ぼく桃太03

パパと私、人間は 2人家族な カムイ家。

桃太が やって来る前までは、カムイだけ だったので、 ← みんな知ってる(笑)
1頭を 2人で世話して、食事は 手が空いている方が とか、
お散歩は、基本 朝晩=パパ・日中(昼散歩)=私 という 感じで、
いわば、体力的にも 気持ち的にも 時間的にも、余裕だったのだけれど、
桃太を 迎えたことで、そうは いかなく なりました。

桃太を 迎えた時、
今後は、旅行やお出掛けにも、
カムイと桃太 2頭を 連れて行くようになること等を 加味して、
日頃のお散歩でも、桃太の リードを握るのは、基本 私! と 決めて、
カムイ=パパ、桃太=私 と バディを組むことに。 ← オーバーな表現(笑)

北海道犬 牡犬 身体デカくなりそう…
ということは、
将来、チカラが ハンパなく強くなること 必至!

将来、桃太が 成犬になった時でも、
私が 桃太を連れて、普通に 安全に、お散歩できるように!
さらには、旅先なんかでは、
初めての場所を かなり長距離 歩くこともあるけれど、
私も桃太も、安全に 街歩きを楽しめるように!

それらを 念頭において、
尚且つ、展覧会に出陳させることも 意識しつつ、
それこそ、まだ 抱っこできるサイズのうちから、
徹底的に、いろいろ 叩き込まれた、桃太(´艸`*)

過去には、
ちょっと 可愛そうかな… とか、思うことも あったけれど、
それを継続してきて、一年経った 今、思うことは、
これなら、将来 もっと デカくなっても、
私でも 大丈夫そう!

私の 手や指の骨が、
リードに締め付けられて 疲労骨折しそうなくらい(笑)
必死に、真剣に 桃太と向き合って 教えてきた分、
桃太も、必死に、真剣に 向き合って 応えてくれました✨

そこを クリアできたことで、
今のところ 展覧会でも、ハンドラーと桃太が、
恥ずかしい思いをすることは、皆無で◎

第一には、私と桃太の 安全のため、
そして、飼い主のためでは あるけれど、
桃太自身のためにも、なったのでは ないかな?!
と 思います(*^_^*)☆

しかし。
そうやって 一年間 やってきたことで、
予定外な 現実にも、直面…。

それは 展覧会で、パパが 桃太のハンドラーをすると、
桃太が、私の姿を 追ってしまい、集中できない💦

初出陳の時には、まだ 良かったのだけれど、
その1か月後の 展覧会から、その傾向が 見られるようになり…

その対処策として、
私、まさかの! ハンドラーデビュー💦

私自身は、ハンドラーデビューなんぞするつもりは、
サラサラ 無かった のだけれど…(^_^;)

リンクの外から、
桃太の一部始終を見て下さっていた とある方 曰く、
パパから ママに ハンドラーが変わった瞬間、
桃太の 顔つき、そして、醸し出す雰囲気までもが、
ガラッ!と、一瞬にして 変わった!! と。

そうと お聞きして、私も 腹をくくり?!(笑)
今や お師匠さんからも 認めてもらえるようになった パパに、
ハンドリングを 教わり始めました。

まぁ、いずれにしても、先々、
桃太が 2歳になった時点で、ケネル(NKC)では、
カムイも 桃太も、同じ 成犬牡組で 走ることに なるので、
私の ハンドラーデビューは、
避けて通れないところ! だったのカモ しれません。


201704ぼく桃太04

カムイと 桃太の関係。

多頭飼いを 始める前まで、
ここが、何よりも一番の 心配・不安ポイント でした。

牡×牝 なら まだしも、
ご縁のあった、牡の桃太が 来ちゃったからぁ~!(笑)


桃太を迎えた その日、
カムイと 桃太を、はじめて ご対面させてみると……

▼ 動画
※ くっつけられなく なったので、バラで 3本立て(^_^;)



きっと、カムイは、自分のテリトリーに、
妙な 得体のしれない生物が 侵入してきた! と、
めっちゃんこ 怒るだろうなぁ~…
との、飼い主の予想に 反して、
怒ったのは、桃太でしたっ!(≧▽≦)!



こんな おチビでも、唸るのかぁー!!
と、すっごく ビックリした 記憶が!



はじめての ご対面以来も、
桃太は カムイの姿を見ると、エラッそうに 唸るように(笑💦)
カムイは、おチビな桃太に 興味あり気だったものの、
どこか 引いていて(笑)、
勝手に 自分に唸ってくる 桃太を、チラ見する程度で、
あとは完全に、桃太のことを スルー していました。

うぅ~ん… この先、どうなっていくんだろう…。。。
と、心配だったけれど、
パパの ムツゴロウさん体験(笑)が、功を成したり し始めて、
徐々に 桃太が、意味も無く カムイに 唸らなくなり、
少しずつでは あったけれど、2頭の距離は 縮まっていきました◎

一緒に お散歩するようになってからは、
桃太が カムイに、甘えるような 素振りも 見せるようになり、
カムイは、桃太にされるがままに させてみたり、
桃太が 後れを取ると、桃太のことを 気にして待ってみたりと、
お兄ちゃんっぷりを 発揮し始めて◎

今年(2018年) 3月、旅先では…

▼ 動画



おふたりさん、並んで 歩く姿も 見られ♪

日頃の お散歩の時にも、一緒に お散歩へ 出掛けると、
こうして、2頭 並んで歩くことも あるように なりました✨


一年前、はじめてご対面した 際には、
どうなることやら?💦 と 、かなりの不安も ありましたけど、
ゆっくり 焦らず、地道に、
2頭にとっては ベストな 良い関係を、
築き上げられてきたかと 思います◎

桃太が、もっと オトナになってきても、
このまま、良好な関係のままで いてほしいなぁ♡



桃太の『うちの子記念日』は、
カムイ家の『多頭飼い記念日』✨


無事に、一年目の節目を 迎えられて、
思っていた以上に、何かと 大丈夫で◎
めでたし☆めでたし! です(*^_^*)♪


以上、長々と 最後まで お付き合い頂きまして、
ありがとうございました m(_ _)m♪